ひだまりプロジェクト会員規約

ひだまりプロジェクト サポーター会員規約

この会員規約(以下「本規約」という)は、ひだまりプロジェクト(以下「当プロジェクト」という)と、当プロジェクトの支援者(以下「サポーター会員」という)との間に適用する。サポーター会員は、本規約を承認したものとみなす。

第1条(名称)
当プロジェクトは、ひだまりプロジェクトと称する。(以下「本プロジェクト」という)精神科ショートケア施設「陽だまりの部屋」(以下「陽だまりの部屋」という)が事務局業務を行う。

第2条(目的)
本プロジェクトは、陽だまりの部屋を利用される方々(以下「利用者」という)の生活支援の一つとして実施する活動に際し、その活動を通じて製作した製品を購入するという形で、利用者の自立のための活動機会を提供するという支援を目的とする。

第3条(参加の方法)
1)本プロジェクトへの参加を希望する者は、本プロジェクトの会員目的に賛同し、本規約を承認の上、所定の用紙またはホームページ上にて申込みを行い、本プロジェクトの別途定める製品の購入費用(以下「支援金」という)を所定の方法並びに期日まで支払うことにより、本プロジェクトに参加できるものとする。
(2) サポーター会員は支援金をクレジットカード決済もしくは現金振り込みにて支払う。
(3)参加日は、クレジットカード決済が完了した日もしくは入金日とする。ただし、当プロジェクトが次項の規定によりサポーター会員の参加を承諾しない場合を除く。
(4)当プロジェクトは、次の場合を除き、参加希望者の参加を承諾するものとする。
1.申込み時に虚偽の事項を記載した場合
2.参加申込者がかつて除名された者である場合
3.クレジット決済が不可能な場合もしくは振り込み口座を持たない場合
4.その他、当法人がサポーター会員として不適切と判断した場合

第4条(会員番号)
前条の規定に従って参加手続きを行い、本プロジェクトにより参加を承認された者を本プロジェクトのサポーター会員とし、管理上の「サポーター会員番号」(以下「会員番号」という)を連絡する。

第5条(支援金の支払)
支援金の支払いは、当プロジェクトが定める定期的に配送される商品の代金の一部に適用され、参加者はプロジェクト参加申し込み時に、配送コース(半年コースもしくは1年コース)を選択し、その支援金を支払うものとする。

第6条(会員期間)
本プロジェクトにより参加を承認された月日を参加日とし、その翌月以降の直近の商品定期配送月(1月、3月、5月、7月、9月、11月)から、それぞれ半年コース(3回配送)、1年コース(6回配送)に基づき、最終配送月の翌月末までとする。但し、会員期間満了の1ヶ月前までに、当プロジェクトより会員延長の通知を行い、継続の意向を確認する。

第7条(会員資格の喪失)
サポーター会員は、次の各号の一つに該当するに至ったときは、サポーター会員の資格を喪失する。
(1) サポーター会員が所定の退会届を提出したとき。
(2) サポーター会員が死亡、若しくは失踪宣告を受けたとき。
(3) サポーター会員が法人その他団体の場合、当該法人その他団体が消滅したとき。
(4) サポーター会員が除名されたとき。
1、当プロジェクトの規約等に違反したとき。
2、本規約に違反したとき。
3、当プロジェクトの目的に反する行為をしたとき。
4、当プロジェクト、および当プロジェクトに関わる第三者の名誉、信用、プライバシー権、著作権、その他の権利を侵害したとき。
(5) 公序良俗に反する行為、プロジェクトの運営・活動を妨げる行為及び信用を毀損する行為等が認められ、当プロジェクトがサポーター会員として不適切と判断したとき。

第8条(会員特典の内容)
本プロジェクトは、サポーター会員に対して以下の特典(以下「本特典」という)を提供する。
(1)商品定期配送時に、ひだまり通信(会報誌)を同梱する。
(2)プロジェクト支援企業が提供する関連商品を割引価格で提供する。
(3)プロジェクト支援企業が本プロジェクトと提携して提供するサービスの割引
(4)希望者に対して、当プロジェクトホームページ内で氏名の公開を行う。
(5)プロジェクトが主催するイベント等に参加する際の参加費の割引

第9条(規約変更の通知)
(1)本規約は、本プロジェクトと本サポーター会員との本プロジェクトに関する一切の契約関係に適用されるものとする。
(2)本プロジェクトは、本プロジェクトの健全な運営を図るため、物価上昇等やむ得ない事情が生じた場合には、本規約を変更し、または本プロジェクトの支援金もしくは本サービスの内容を変更することができる。
(3)本プロジェクトが本規約の変更内容を本サポーター会員に通知した後、全会員が15日以内に本プロジェクトに対して異議を通知しない場合には、本サポーター会員は変更後の本規約を承諾したものとみなす。

第10条(退会の届出)
本プロジェクトからの退会を希望する本サポーター会員は、商品定期配送の1ヶ月前必着で本プロジェクト事務局宛に退会届を郵送するものとし、封書の表には「退会届」と記入し、会員番号、住所および氏名を明記しなければならない。

第11条(支援金の返還)
理由の如何を問わず、本サポーター会員が退会した場合には、既払いの支援金の返却は行わない。

第12条(届出事項の変更)
(1)本サポーター会員は、本プロジェクトの参加にあたって本プロジェクト事務局に届け出た氏名、住所、電話番号およびEメールアドレス、その他の事項に変更が生じた場合には、直ちに本プロジェクト所定の方法により本プロジェクト事務局に届け出るものとする。
(2)前項の届け出がないために、本プロジェクトからの配送物、通知または送付書類が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべき時に本サポーター会員が受領したものとみなす。

第13条(業務委託)
本プロジェクトは、本規約に基づいて行う業務の全部または一部を、本サポーター会員の承諾を得ることなく第三者に委託することができる。

第14条(個人情報の取扱い)
(1)本サポーター会員への参加を申込む者(以下、併せて「会員等」という)は、本プロジェクトが会員等の個人情報に基づき必要な保護措置を行ったうえで以下のとおり取り扱うことに予め同意するものとする。
1、本プロジェクトを適切に運営し、会員情報を管理するために、以下の①、②の個人情報を収集し、利用すること。
①.氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、Eメールアドレス等、会員等が参加申込時および第12条に基づき届け出た事項
②. 参加申込目、参加承認日、有効期限等、会員等と本プロジェクトの契約内容に関する事項
2、本規約に基づく本財団の業務を第三者に委託する場合に、業務の遂行に必要な範囲で本項①、本項② の個人情報を当該業務委託先に預託すること。

(2)会員等は本プロジェクトに対して、本プロジェクトが保有する自己に関する個人情報を開示するよう請求することができ、登録内容が不正確または誤りであることが判明した場合には、本プロジェクトは速やかに訂正または削除に応じるものとする。
(3)本プロジェクトは、会員等が参加の申込みに必要な事項の記載を希望しない場合、または、本条に定める個人情報の取扱について承諾できない場合には、参加を断ることや、退会手続きをとることができる。
(4)本プロジェクトは、本会員の退会後も開示請求等に必要な範囲で、法令等または本プロジェクトが定める所定の期間個人情報を保有し利用する。

第15条(免責)
サポーター会員等が第三者との間で発生したトラブル等について、本プロジェクトはその責を負わない。

第16条(準拠法)
本プロジェクトと本会員との間の諸契約(本契約を含む)に関する準拠法は日本法とする

第18条(管轄裁判所)
本規約に関連して本プロジェクトと本会員との間に生じた一切の紛争については、さいたま地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

附則:この会員規約は、2020年1月1日から施行する。